株式会社武田 建築金物類のプロショップ

企業情報

代表挨拶

当社は昭和11年4月に武田金物店として金物雑貨の自営小売商として開店いたしました。また、建設需要の盛隆を受け、昭和27年5月には資本金50万円をもって有限会社武田金物店を設立、建設資材の卸売りを中心に発展を続けさせていただきました。そして、昭和44年6月には会社内部の充実とともに商品組織の変更を行い、株式会社武田と改称発足し、現在に至ります。

これも一重に、地域を中心とした皆様、そして仕入先各社様に支えられてこそと感じ、感謝申し上げる次第です。

さて、平成30年5月より、私こと武田明良が代表を務めさせていただく運びとなりました。今後も、「実直」を経営方針として、地域の発展に挙社一体となり鋭意努力をいたす所存でございます。

代表取締役社長 武田 明良

会社概要

会社名 株式会社武田
本社所在地及び 店舗所在地 ■本社・中野店
「鉄骨、鉄筋、金物工事、建設資材、設備資材、設備機器、建築金物、機械工具、電動工具、鋼材、家庭金物、業務用雑貨」
〒383-0012
長野県中野市大字一本木707-1
TEL 0269-22-2185 FAX 0269-26-7873

■建装センター
「サッシ、ガラス、シャッター、住宅設備機器、住宅建材」
〒383-0012
長野県中野市一本木665-6
TEL 0269-26-3333 FAX 0269-26-3215
代表者 武田 明良
創業 昭和27年
資本金 9,900万円
建設業登録 長野県知事 (一般63) 第3727  (建築一般、屋根工事、鉄骨工事、鉄筋工事、鋼製建具工事、ガラス工事) 更新を受け現在に至る
建築士事務所登録 株式会社武田二級建築士事務所 C-第8Y264号
建築士事務所登録 全国鉄構連合会・長野県鉄友会・長野県鉄骨協会・長野県鉄筋業協会・長野硝子工事組合・長野県管工機材商業組 合・日本ポリエチレンブロー製品工業会・長野県プラスチック工業会・長野県経営者協会・中小企業家同友会・21 ニュービジネス協議会
主たる取引銀行 八十二銀行中野支店・長野銀行中野支店・長野信用金庫中野支店・長野県信用組合中野支店

会社沿革

昭和27年(1952年)5月 有限会社 武田金物店を設立 代表取締役:武田俊児就任 資本金50万円をもって発足
昭和37年(1962年)1月 資本金を200万円とする
昭和42年(1967年)10月 本店所在地を中野市一本木707-1に移転
昭和43年(1968年)4月 中野市大字竹原にプラスチック工場を新設
昭和45年(1970年)4月 資本金を600万円とする
昭和45年(1970年)6月 建設業登録 長野県知事(ヲ)1001号
昭和45年(1970年)11月 長野市穂保に長野営業所開設
昭和47年(1972年)7月 資本金を1,320万円とする
昭和47年(1972年)8月 中野市大字竹原北川原にプラスチック工場移転
昭和47年(1972年)9月 建装センターを中野市竹原に開設
昭和50年 (1975年) 6月 資本金を3,000万円とする
昭和50年 (1975年) 9月 長野市南長池に長野営業所を移転、併せて旧長野営業所を長野穂保工場(鉄筋加工場)とする
昭和54年(1979年) 5月 建設業法第27条の2第一項の審査の結果、長野県土木部長より等級格付け
建築一式A級となり毎年更新現在に至る
資本金を4,500万円とする
昭和54年(1979年) 11月 建装センターを中野市一本木へ新築移転
昭和56年(1981年) 6月 本店舗を新築し売場面積150坪とする
昭和60年(1985年) 12月 本店事務、倉庫を増設
昭和61年(1986年) 11月 リフォーム事業進出のため長野市南長池に「ジョイライフタケダ」新設
昭和63年(1988年) 1月 長野営業所改築
平成元年(1989年) 5月 本店に倉庫3階120坪増築
平成2年(1990年) 8月 長野営業所に、倉庫110坪増築
平成15年(2003年) 7月 プラスチック工場閉鎖
平成18年(2006年) 2月 ジョイライフ事業部を㈱武田 長野営業所内に移転
平成24年(2006年) 3月 長野穂保工場閉鎖
平成27年(2006年) 1月 長野店閉鎖
平成27年(2006年) 2月 新設会社㈱武田 長野として同住所にて新たにスタート
平成30年(2018年) 5月 武田明良 代表取締役社長就任
前代表取締役社長の武田俊男が代表取締役会長に就任